イタリア料理

美味しいものがたくさん!食べ物もイタリアの魅力のひとつ

料理

料理

イタリアの魅力と言えばルネサンスの絢爛豪華な芸術作品、建築などがありますが、それ以上に存在感を放っているのはやはり「美味しいもの」の数々ではないでしょうか。

パスタ、ピッツア、ワイン…オリーブオイルやトマトを多用したイタリア料理には目がない、という人は多いでしょう。

日本にも安価なお店から豪華なコース料理を提供してくれる本格イタリアンまで、すごく多くのイタリア料理店がありますし、苦手な人があまりいない、というのも特徴的ですよね。

食材、料理法など日本のものとはかなり異なっているのですが、どこかしら通じるものがあるのかもしれません。

イタリアの食生活

イタリアの食生活

白いごはんにおかず、お椀の汁物をあわせる基本スタイルがある日本と違って、イタリアには「決まったスタイル」はあまりないようです。

パンにパスタにピッツアにリゾットにと、炭水化物に限定してもかなりヴァリエーションがありますし、またそれぞれに料理法、食べ方があるのでイタリアでの食生活は本当にいろいろです。

また、一口に「イタリア」と言っても、地方によって特徴的な料理は異なります。

イタリア料理といってすぐに思い浮かぶ、トマトソースをベースにした、ニンニクやオリーブオイルを多用した料理の多くはナポリなどのイタリア南部を中心に親しまれている料理です。

日本と同様に縦長の形をした(よく長靴に例えられますね)イタリアですが、その他の国と隣接していることが日本と違います。この点が影響して、地方による食生活がさまざまな形に進化していると言えるでしょう。

フランス側に面した西側では生クリームなどを用いた料理が多く見られたり、北アフリカに近い南側ではアラブの匂いを感じるクスクスなどの料理が楽しめたりと本当にバラエティ豊かです。

こういう側面を見ると、他の国と隣接し、影響しあう環境の魅力を再確認してしまいますよね。
島国には島国の良さがありますが、ちょっとうらやまさも感じます。